それでも死刑制度は廃止すべき

投稿日時:2015-06-27 01:12:59

投稿ユーザー:匿名

タグ:死刑, 死刑廃止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金欲しさの無差別で残忍な犯行。反省の色を見せない加害者。

突如として娘を殺された悲しみ、憤り。33万人もの署名を集める執念。母親の富美子さんの想いはいかばかりか、察するに余りある。

個人的には「極刑以外にありえない」という気持ちは理解できる。自分が同じ立場になったら同じように活動するだろう。
しかし、それでも人が人の命を殺めるという行為は許されざるものだ。人間の犯す過ちの中で最大のものが殺人だ。この原則はどんな例外もない。

最愛の娘を殺されたうえ、加害者の死を望んで署名を集める生活に救いはあるだろうか。
今、加害者の死を聞いて、少しでも胸が張れるだろうか。悲しみは癒えるだろうか。平穏は訪れるだろうか。
何十年かかってでも罪の意識を抱かせ、贖罪の日々を送らせることに意味があるのではないだろうか。

死刑執行の決断を下す人間、執行官、看守など死刑囚に関わるもの全てにとっても多大な重責を担わせることになる。その罪の意識はいかばかりだろうか。

そして、そのような制度の元で生ている我々も「殺人者の殺人者」であることを自覚する時、どうしても死刑制度を善しとすることができない。
加害者が憎いという感情の更に奥にある理性と本能が、それでも死刑制度は廃止すべきだと、訴えている。

「娘を抱きしめたい思い変わらない」 闇サイト事件死刑:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASH6T7295H6TOIPE048.html

引用の本文: 見ず知らずの男同士が、女性を襲って金を奪うためだけに、ネットを通じて集まった闇サイト殺人事件。卑劣で残虐な手口から、被害者が1人でも死刑判決になった44歳の死刑囚に25日、死刑が執行された。「娘は帰...

この「ご意見」に賛成?反対?


みんなの評価

合計ポイント: -6

賛成

7

反対

13

コメント

ID:1

名前:匿名

投稿日時:2015-06-28 14:25:41

倫理的にはこの意見に賛成できるが、無期懲役が有期刑である現状では、死刑制度には賛成。
人の未来を完全に絶っておいて、反省しただか何だか知らないが、殺人者がシャバに出てきてのうのうと生きるなんてのは絶対に許せない。

合計ポイント: 11

11

0

1位

ID:4

名前:奈菜死

投稿日時:2015-08-31 14:32:57

それでも死刑制度は存続すべき

裁判の場において無反省・遺族を挑発する奴がいる限り死刑に賛成!

合計ポイント: 7

8

1

2位

ID:5

名前:nanasi

投稿日時:2015-09-21 14:12:33

>最愛の娘を殺されたうえ、加害者の死を望んで署名を集める生活に救いはあるだろうか。

被害者遺族を愚弄したコメントは慎め!

合計ポイント: 7

7

0

3位

ID:2

名前:匿名

投稿日時:2015-06-29 20:33:10

遺族でもない人間がいくら語っても無意味。

合計ポイント: 4

4

0

ID:3

名前:匿名

投稿日時:2015-08-05 02:03:03

賛成とも、反対とも言えんな。
どっちの理屈も感情じゃ割り切れない。

合計ポイント: 1

1

0


コメントの投稿

このご意見に対するコメント