れいわ新選組、山本太郎の詭弁

投稿日時:2019-07-18 01:14:50

投稿ユーザー:匿名

タグ:れいわ新選組, 山本太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税ゼロ、奨学金チャラ、最低賃金1500円。
他にも原発即時禁止、辺野古移設反対と、なんとも耳障りの良い政策ばかり並べ立てている。

さらにはデフレ対策で一人あたり月に3万円配るとのこと。インフレ率2%まで配りつつけるそうだ。

今の日本にそれだけの国際競争力があると思っているのだろうか?

現在、原油はアメリカのシェールオイルによって供給過多の状態だ。そのおかげで原油価格は下がっている。しかし東日本大震災時の2011年には高止まりしていた。再び原油に頼らざるを得ない状況で、原油の高騰が重なれば、製造コストの上昇に直結する。

エネルギーのほとんどを輸入に頼らざる得ない島国日本では製造コストの増加は死活問題だ。供給元の分散はリスク管理の基本だ。まさかとは思うが、即時禁止と言っているのに再生可能エネルギーで代替するといったお花畑理論ではないだろう。(いやもしかしたら…)

今の日本に金をばらまき続けるだけの財源があると思っているのだろうか?

2019年度予算案は101兆4571億円。そのうち25兆7078億円が借金だ。一般家庭で言えば年500万生活費がかかるのに、年収が375万円の状態だ。足りない125万円は借金となれば、まさに家計は火の車状態と言える。

そのような懐事情で消費税をなくせば法人税や所得税をかつての水準まで上げざる得ない。ただでさえ日本の法人税や所得税は高い。しかも最低賃金をいきなり1.5倍などという水準に上がれば、誰が好き好んで日本で会社など作るだろうか。

金持ちやグローバル企業は税の安いシンガポールに逃げ、生産は製造コストと賃金の安い国で行うようになるだろう。
モノづくり日本から、もぬけのカラ日本へ変貌を遂げることになる。

そのような状況にもかかわらず、さらに借金を増やして名目だけインフレ率2%を実現して何の意味があるだろう。

奨学金をチャラにすることが未来に投資することになると言っているが、そんな財源はあるわけがない。結局その借金もすべて次の世代に負の遺産として押し付ける形になる。

たいした稼ぎもない父親に借金まみれの家業を継げと言われて「ありがとうお父さん」と言わされる子どもたちを思うと哀れでならない。なるほど旧幕府に振り回されて非業の最期を迎えた新選組になぞらえているのかなと、くだらない想像をして、漏れるのは失笑とため息だけだ。

こんな子供だましの政策を並べて街頭演説で涙を見せれば「こいつは本物だ」などとしたり顔してコロッと騙される人間が一定数存在するらしい。ヒトラーが嘘は大きいほうが騙されやすいと言ったそうだが、どうやら現代でも通用するようだ。

山本太郎 涙する 20190505 福岡・小倉駅 小倉城口前デッキ 参院選 れいわ新選組 全国比例

https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670&t

引用の本文:山本太郎(れいわ新選組代表・全国比例区) 政権とったらすぐやります・今、日本に必要な緊急政策 https://v.reiwa-shinsengumi.com/policy/ ________________________________________ 参院選は7月21日(日)が投票日です...

この「ご意見」に賛成?反対?


みんなの評価

合計ポイント: 8

賛成

11

反対

3

コメント

ID:1

名前:匿名

投稿日時:2019-07-27 10:49:12

「金持ちやグローバル企業は税の安いシンガポールに逃げ、生産は製造コストと賃金の安い国で行うようになるだろう。
モノづくり日本から、もぬけのカラ日本へ変貌を遂げることになる。」

それはありません。 “made in Japan”は世界的なブランドです。高品質の代名詞でコストが高くても、ブランドと優秀な労働力を確保するために日本に立地します。日本で納付する法人税は二重課税防止条約の下で本国で還付されます。

合計ポイント: -2

1

3

1位


コメントの投稿

このご意見に対するコメント