「東北で良かった」発言は、議員辞職に値する

投稿日時:2017-04-26 23:35:29

投稿ユーザー:匿名

タグ:今村雅弘, 復興相, 東日本大震災, 辞任, 失言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今村復興相が「震災が起きたのが東北で良かった。首都圏で起こっていたら大変なことになっていた」などと発言したとのこと。

わざわざ確認するまでもないが、復興に携わる大臣として、
絶対に言ってはならない発言だ。
公人としてすべての発言に責任が伴うことがなぜわからないのか。

全て復興相の発言として扱われる。
もっと言ってしまえば、その一言一言は東北の被災者に向けた言葉となる。
震災で塗炭の苦しみを味わった被災者と相対している。
アタリマエのことだ。
なぜ当然の想像力がないのか。

一般人が日常会話で
「東京で震災が起きれば大変なことになる。経済への打撃を考えれば、東北の比ではない。」と意見を述べたのとはわけが違う。

記者の質問に激昂して謝罪したり、
「学芸員はがん」などと発言をして物議を醸したが、
まさか普段の囲み取材は自分に人気があるから集まっている、
などと考えているのだろうか?

そんな訳はない。
マスコミは「大臣の言葉」を聞きに来ている。
公人の言葉として国民に伝えるべき言葉を取材している。
テレビやネットを通して、大多数の人に向けている。

そんな想像力もない人間に、まともな政治ができるわけがない。
大臣の辞任がやりすぎだなど言う意見もあるようだが、とんでもない!
この想像力の無さは大臣の辞任では生ぬるい。
議員辞職に値する大失態だ!

国会で可決する政策の先に、生活する国民一人ひとりがいるという、
当たり前の想像力すら持ち合わせていないのだから。

今村復興相、更迭へ=震災「東北で良かった」発言で-安倍政権に打撃、後任に吉野氏:時事ドットコム

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042500998

引用の本文: 今村雅弘復興相(70)は25日、東日本大震災について「東北で良かった」などと発言した。この後、発言を撤回し、責任を取り辞任する意向を固めた。安倍晋三首相による事実上の更迭で、後任には自民党の吉野正芳元環境...

この「ご意見」に賛成?反対?


みんなの評価

合計ポイント: 2

賛成

2

反対


コメント

コメントはまだありません。


コメントの投稿

このご意見に対するコメント