ワタミと渡邉美樹による「やりがい搾取」の終焉

投稿日時:2016-03-30 15:20:36

投稿ユーザー:田中泰

タグ:ワタミ, 渡邉美樹, やりがい搾取, 労働基準法, 過労死, 自殺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■過労死訴訟の歴史的和解

あのワタミが過労死に関する訴訟で和解した。
ブラック企業の申し子と言えるワタミがついに折れた。

渡邉美樹は社員が過労死したことについて「命懸けで反省」などと言いながら、「ブラック企業批判は風評被害」と強弁を振るっていた。社員の自殺が労災認定されても「安全配慮義務違反はなかった」などと主張していた。当然ながら世の風当たりは強まるばかりで、ワタミの業績は右肩下がりを続け、鳴り物入りで始めた介護事業は身売りするに至った。

この訴訟において1番画期的なのは渡邉美樹が経営手法の誤りを認めた点にある。
ワタミ急成長の中で発揮された、強烈なリーダーシップが過労死の原因になったと認めた。

渡邉美樹の立身出世物語は有名だ。運送業で金をため、つぼ八から始まり、一代でワタミグループをつくり上げる。生半可な努力ではできない。体力・精神力・経営手腕、全てにおいて比類なき能力がある。それは誰も反論しないだろう。
問題は、その成功体験を社員に押し付ける点だ。「私ができたんだから、社員もやれる」という論法だ。自分がそうであったように、ハナから三六協定や労働基準法などというものは度外視している。そんなものは渡邉美樹流の成功体験おいては無価値だからだ。

そこには「全ての人が夢だけで生きることはできない」「努力には限界がある」という当然の配慮がない。オリンピック選手の練習をすべての人ができるわけがない。そのまま行き過ぎればどうなるか、火を見るより明らかである。結果は追い込まれた社員の自殺という最悪の形となって現れた。


■ワタミのどこがブラックだったのか

では、ワタミのどこがブラックだったのか。募集要項を元に詳しく見ていこう。
(http://wfs.hr-watami.net/recruit/)

店舗勤務職で社宅住みの場合、基本給16万、みなし深夜勤務手当3万、時間外勤務手当(45時間)約5万、合計約24万円となっている。
他に家族手当(3万)や、社宅でなければ住宅手当(1万)などがある。
賞与は年間で基本給の3ヶ月分とのことなので、年48万円。年収は300万程度ということだろう。

この求人票には様々な問題がある。
そもそも、給料のモデルケースに時間外勤務手当が組み込まれていることがおかしい。しかも1カ月45時間は三六協定の上限ギリギリだ。三六協定では年間360時間以上の残業を禁止している。しかしワタミのモデルケース通りに計算すると年540時間になり違法状態となる。

さらに悪い事に、内部告発者によると実際は平日14時間、土日祝日なら16時間勤務となる。「140時間時間外労働をしたが45時間までしか認められなかった」という別の告発からも信ぴょう性がある。過労死を巡る裁判でも「電車のない時間まで働かされ、店に泊まることもあった」という。

「休日・休暇」は年間107日とあるが、これも事実とは異なるようだ。実際には休日は週一度。さらに休日も店に顔を出すことを推奨されたり、研修に参加したり、社長の自伝を読んでレポートを提出したりと盛りだくさんだ。これでは休息とはとても言えない。

休憩も1時間取れることは稀とのことだ。それは渡邉美樹の「営業12時間の内にメシを食える店長は二流だと思っている」という有名な語録からも想像が付く。
仮に1時間きっちり取ったとしても、月に314時間労働となる。賞与を入れて計算しても時給換算891円だ。全国平均で見れば最低賃金は798円なので、100円ほど高いと言える。しかし東京の最低賃金は907円には届かない。


■ワタミのやりがい搾取の仕組み

渡邉美樹が社員に言うには「仕事とはお金と時間のやり取りではない。相手からありがとうと感謝される。そこに、やりがいがあって生きがいがある。」
つまり、給料は少なくても幸せなんだ思える社員に来て欲しいそうである。そういう社員に対しては「幸せにするぞ」と約束するそうである。

ちなみに渡邉美樹の議員所得の申告によると14年度の収入は12億円だそうだ。どうやら社長の幸せだけは大いに金が関係するようだ。本当に社員を幸せにするつもりがあるなら、少しは社員に還元してはどうだろうか。それこそ、たくさんの「ありがとう」が集まるはずだ。

そもそも、労働基準法では労働に対しては使用者が対償(対価)を払うことが義務付けられている。労働への対価を「お客様からのありがとう」にすり替えるのは、明確な労働基準法違反だ。

ワタミの公表した2010年新卒の3年離職率は42.8%とのこと。厚生労働省が出した数値は51%。8.2%ほど開きがあるが、この辺の顛末は以下のサイトが詳しい。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/uenishimitsuko/20140328-00033979/

全産業は28.8%なので倍近い。しかし、ともかくも、飲食業界の平均48.5%とほぼ変わらない水準と言える。
いわゆる「業界水準」だ。渡邉美樹に言わせると「これでブラックと言われるなら、飲食業界は全部ブラックだ」となる。
他にもブラックでない理由の1つは社員から慕われていることだそうだ。選挙で各地を回れば熱烈な社員から感謝の手紙が2千数百通集まるそうだ。自主的に2千数百通もの手紙が集まると思っている時点で、感覚がまともではない。

最低賃金すれすれの給料。違法な長時間労働。ワタミにとって都合の良い刷り込み研修。たまの休みもレポートの提出。給料から天引きされる社長の書籍代、慈善事業への半ば強制的な寄付。まるで宗教のようだ。

一般人の感覚からすると十分にずれている。ザ・ブラック企業と言える。ワタミからすると「飲食業界ではもっとブラックなところが多いから許される」という意識があったのかもしれない。しかし、それは明確に誤りだ。140キロ出した車が「周囲の流れに乗っていれば何キロ出してもスピード違反ではない」と主張するようなものだ。


■日本中にはびこるやりがい搾取の職場

ワタミのような法律を無視した労働環境は日本中にある。
今だに消えない、奉公人や丁稚奉公といった感覚。「技術は盗んで覚えろ」「上司の言うことは絶対」「修行中は我慢しろ」
日本人はこうした異常な労働観から抜けだせないでいる。

特に職人や技術者の世界は顕著だ。
見習いは半人前で、仕事は先輩から殴られて覚える。勉強させてもらっているだけありがたく思え。そういったお山の大将を気取りがいまだに多い。板前の修行なら手取りで12万円も珍しくない。ワタミもびっくりの給料だ。

低賃金で話題になったアニメーターは20~24歳の平均年収が111万円。3年離職率が80%にもなる。
他にもデザイナー、美容師など、最低労働賃金以下の職業がウヨウヨとある。いわゆる「やりがい搾取」と呼ばれる状態だ。
労働者の権利は法律で守られていると言っても、いくらでも抜け道はある。個人事業主として登録して、フリーで出向しているという体を装う。年俸で契約し、裁量労働制とすることで時間外労働の対価を支払わない。といった具合だ。

今回の和解では「社員のやりがい」につけ込み、異常な「業界の標準」を押し付ける経営手法が断罪された。その点に価値がある。
これはワタミだけの問題ではない。不幸な事件だったが、これを機に日本の多くの業界で労働環境が改善されることを望む。大企業のベースアップではなく、夢を食い物にされ、低賃金で喘いでいる若者にこそ、焦点を当ててもらいたい。

和解のご報告 - 渡邉美樹公式サイト

https://www.watanabemiki.net/wakai/

引用の本文:かねて皆様にご心配をおかけいたしておりました、労災訴訟につきまして 先日、原告と和解に至り、裁判所内で、ワタミの元女性社員のご遺族に直接、 衷心より謝罪を申し上げました。和解文の通り、もっとも重い責任は、私に...

この「ご意見」に賛成?反対?


みんなの評価

合計ポイント: 11

賛成

11

反対


コメント

コメントはまだありません。


コメントの投稿

このご意見に対するコメント